月別: 2019年3月

体験モニター募集!第2弾「やまぐちシードルプロジェクト」

あなたの声で「やまぐちシードルプロジェクト」をもっと面白く!

前回、昨年12月に行ったモニターツアーに続き、第2弾の募集です。

「やまぐちシードルプロジェクト」は、山口にワクワクする場所をつくり、

にぎわいを生み、暮らしを豊かにしたいというプロジェクトです。

(シードルとは、りんごが原料のスパークリングワインです。)

 

山口の食を引き立てるシードル醸造の準備を進めながら、

山口市阿東の自然の中で、シードルの原料であるりんごの栽培作業を体験したり、

阿東の魅力を活かしたワークショップなどの体験を提供しています。

 

今回、「やまぐちシードルプロジェクトをもっと面白く!」というコンセプトのもと、

イベント参加者の声を聞き、今後の活動の参考とさせていただくため、体験モニターを募集致します。

体験イベントにご参加いただき、ご意見・ご感想を頂戴できればと思います。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

\収穫から自分でやる/

わさび漬けづくりワークショップ&枝垂桜のお花見

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

■日時 4月5日(金) 10:00~13:00(集合 10:00 / 解散 13:00)

■内容

・ワサビのハウスを訪問し、農家さんから葉わさびや産地についてのお話を聞きます。

・収穫&わさび漬けづくり。そのままのわさびは辛くありません!

地元の名人にわさびの辛味を引き出すコツを習います。

・桜の名所<徳佐八幡宮>にてお花見をしながら試食ランチ。

・参加者のみなさんと意見交換

 

■集合場所

道の駅長門峡の山口側の駐車場 (山口県山口市阿東生雲東分47−1)

※駐車場が2箇所ありますが、山口側の広い方の駐車場です。

■参加費  3,500円(持ち帰りわさび漬、ワークショップ代、保険代)

■申込・お問い合わせ

国内旅行保険に申し込みますので、メールまたはお電話にて

お名前・ご住所・生年月日をお知らせください。

 

■問い合わせ先

やまぐちシードルプロジェクト

naomi_h925@icloud.com

090-9500-7522(原田)

 

・雨天決行

・汚れてもかまわない服装でお越しください。

・持ち帰り容器はこちらで用意します。

————————————————————

より地域の魅力を活かしたプロジェクトとして進めるため、

みなさまのご参加を心よりお待ちしております。


御礼!体験モニターイベント無事終了

こんにちは!

今更なのですが・・・投稿ができていませんでした。。

2018年12月に行った体験モニターイベントの報告です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一時は土砂降りの中、3日間で延べ11名の方にご参加いただきました。

参加者の皆さん、なかおりんご園さん、誠にありがとうございました!

参加者の方は、飲食関係者、お洋服を作られている方、農林業に従事されている方、パーソナルトレーナーなど様々。

初対面の方同士も、りんごもぎあげ作業を通じて、仲良くなられ、

雨のりんご園には笑い声が響いていました。

 

しかし、徐々に静かに。

「この木は仕上げたい!」とみなさん黙々とりんごを捥がれていました。

おかげで最終日には、園主さんから「今年のもぎあげ終了しました!」と発表があり

少しだけ一緒に達成感を味わわせていただきました。

また、受粉用に植えられている姫りんご(品種:かいどう)や、

農家さん直伝”美味しいりんごの見分け方”に皆さま興味津々の様子でした。

 

手厚いおもてなしよりも、「農家のいつもの作業」をしていただくことが

現場の空気感や、農家さんの仕事が体験でき、ここだけの体験として

価値を感じていただけるのかなと感じました。

いただいた沢山の意見をもとに、組織・活動のクオリティを高めていきたいと思います。


野生酵母採取研究の経過報告

こんにちは!

昨年度から、りんご園での野生酵母採取の研究を行なっていました。

そして今年度はじめ、山口大学工学部の赤田ゼミ、星田ゼミのみなさんに

ご協力いただき151種のサンプル採取を行いました。

そして今週、その内容を卒業論文にまとめてくれた松下くんが

発表をしてくれました。

商品化の可能性を感じる酵母がたくさんいました!

更に、徳佐りんごをきっかけに画期的な酵母同定方法も開発されていました✨

後半の発表内容は難しくて、あまり理解できないところもありましたが、

とても根気がいる大変な作業であり、

この成果は今後の様々な研究の役に立つであろう発見だということはよくわかりました。

松下くん、本当にお疲れ様でした。

最後、思わず涙が。

実用化にはまだまだ時間がかかりますが、楽しみに待っていてください!

 

山口大学工学部の赤田ゼミ、星田ゼミのみなさん、

徳佐りんご園のみなさん

本当にありがとうございました。